電子ブック主要ストアの蔵書点数の報告記事なのだが……

定点観測:「GALAPAGOS STORE」と「Reader Store」と「koboイーブックストア」の“蔵書点数”を比べてみた(8月24日編) (3/3) – 電子書籍情報が満載! eBook USER

 最後に、楽天の電子書籍ストア「koboイーブックストア」の点数を掲載する。条件としては、検索で言語を「日本語」にして絞り込んだ点数で、23ジャンルの点数を記載している。ジャンルごとのダブりを除いた点数は2万9013点と、ようやく3万点の目標到達が見えてきたところだ。

楽天koboが先週からいきなり3000点くらい増えているのは、じつは「パブー」からの提供が始まったからだろう。そのへん、きちんと押さえておかないと読み違える。

つまり、「パブー」から流れてきているのは、同人作家の作品が大半だということ。特に、SFやファンタジー系作品に多い。

ちなみに、楽天koboのストアでは、作品の長さがわからなくなっているのは不親切だ。パブーのサイトでは、ページ数の表示とファイルサイズを記載しているので、それが短編なのか長編なのかはわかるようになっている。
このへんも楽天koboはサービスが怠慢だね。

パブー提供の本の中には、1ページなんていうショートショートもある(^_^)

楽天kobo…スピードはカメのごとく」で、点数を増やす奥の手として私が書いたことが、そのまま現実化しているよ(^^;)

1点は1点には違いないが……、なんだかなー、という気もする。

LINEで送る
Pocket
Share on LinkedIn