DAZ Studio 4をいろいろと使ってみる(17)


DAZ Studio 4をいろいろと使ってみる(16)」の続き。

久々にDAZ Studio 4ネタ(^^)

その後、 4 PROを買った。リリース直後のセール期間中に買ったので、お安く。
さらにその後、Genesis対応の新しいフィギュアが続々と発売され、各種パーツも充実してきた。それらをいろいろと買いあさっている(^^)。

狙い目は、発売直後のセール価格。
24時間だけとかいう姑息な場合もあるが、まめにサイトを覗いては、安く買っている。
また、Storeのトップページに出てくる「FastGRAB」も狙い目。
比較的、古いものが多いのだが、ときどき目玉商品が出ているときがある。「FastGRAB」は、そのページから購入しないとセール価格にならない。同じ商品でも通常ページから買うとセール価格になっていないので注意が必要。

特に狙い目は、衣装以外の背景に使えるPropだ。部屋とかインテリア、建物や庭のようなもの。衣装やアクセサリーはV4とか、もっと古いV3対応のものばかりなので、Genesisが出てきた今となっては、使い勝手がよくない。
私は、すでにGenesis中心に使うようになっているからだ。

しかし、いろいろ買ってはいるが、じっくり使う時間がない(^^;)
休みの日は撮影の仕事に忙しいので、家にいないのだ。
そんな状況だが、久しぶりに作ってみたくなって、夜中にちまちまと3D空間と格闘していた。

Victoria 5が出てきたが、これはなかなかよい。
より自然で、よりリアルなCG人物を描画することができる。

遠目には写真と見間違うほどだ。まぁ、細かいことをいえば、まだまだ改善の余地はあるのだが、リーズナブルな3Dソフト(PRO版の話。通常版なら無料)で、ここまでできるようになったのか……と、昔の3Dソフトを使っていた身としては、感慨がある。

そんな試作のひとつ。(クリックで拡大表示)

Victoria5ベースの試作

Victoria5ベースの試作


ちょっとセクシーというかエッチに(^^)。イメージはPLAYBOYのピンナップ。
ベースはVictoria 5。
……なのだが、顔やボディはちょこちょこといじっているので、オリジナルとは異なる。まぁ、私好みにしてあるわけだ(^^)。
背景は、セール価格で買った「Studio Paris

Victoria 5には、別売りの肌のマッピングに種類がいろいろあるが、とてもリアルだ。
この画像のサイズではよく見えないが、長辺5000ピクセルくらいでレンダリングすると、肌の木目まで表現されている。

以前の記事で指摘した、Victoria 4での脇のつながりの甘さや体の曲線の硬さが少なくなっているので、ヌードで描写するとVictoria 5の本領を発揮できると思う。
そういう意味もあって、ヌード。

苦労したのはライティング。
Studio Parisには、プリセットのライトがあるのだが、明るく室内を照らすので、この場合のイメージには合わなかった。
部屋は薄暗く、そこに女性が浮き上がるようにしたかったので、何度もライトをセッティングしてはレンダリングして、イメージ通りに仕上がるのに2日もかかってしまった。もっとも、1日3~4時間くらいなのだが。

プレビューの作業画面では、正確な光の当たり具合が判別できないので、長辺1000ピクセルくらいでレンダリングして確認しないといけない。掲載した画像程度の大きさだと、レンダリングにかかる時間は、5~10分くらい。
微調整が難しいのだ。
それでも、64ビット版になって、レンダリングのスピードは速くなっている。それが救いではある。

実写でカメラを使うときには、真っ暗闇でない限り、環境光というのは必ず存在する。
普段、写真を撮っているときは、当たり前に思っている光源が、3D空間には存在しない。光はすべて作る側が用意してあげないといけない。実写では環境光を用意する必要がないので、太陽のありがたみがわかるというもの。

環境光、スポットライト、反射光……と、被写体に当たる光をすべて計算して配置しないと、思い通りの絵にならない。
これが一番難しいかもしれない。

逆に言うと、こういう作業をしていると、光の存在を意識するようになるので、カメラで撮影するときにも光源を意識するようになる。
DAZ Studio 4を使って、人物を描画するのは、そのポーズやアングル、光の使い方をシミュレーションしているわけで、実際の撮影にも活かせるような気がしている。
そのうち人物撮影をしたいと思っているので、ある意味、勉強になっているともいえる。
モデルをしてくれそうな女の子にも声をかけているので、そのうち人物撮影もする予定(^_^)。

追伸……
作った画像を見て、若かりし頃の妻に似ていると思った……。
20代の頃は、スリムで巨乳だったのだ。現在は……ちょっと太り気味だが。
どうやら、私の好みは彼女がベースになっているようだ(^^;)。

LINEで送る
Pocket
Share on LinkedIn