「子猫殺し直木賞作家」という、新たな呼び名を得た作家の坂東氏。
 反論を寄稿したようだ。
 しかし、この人、全然懲りていない様子。
Yahoo!ニュース – 毎日新聞 – <子猫殺し告白>坂東さんを告発の動き…タヒチの管轄政府

坂東さんが、真意を語りたいと毎日新聞に寄稿した。 
 ◇坂東眞砂子さん寄稿…子猫を殺す時、自分も殺している
 私は人が苦手だ。人を前にすると緊張する。人を愛するのが難しい。だから猫を飼っている。そうして人に向かうべき愛情を猫に注ぎ、わずかばかりの愛情世界をなんとか保持している。飼い猫がいるからこそ、自分の中にある「愛情の泉」を枯渇させずに済んでいる。だから私が猫を飼うのは、まったく自分勝手な傲慢(ごうまん)さからだ。
 さらに、私は猫を通して自分を見ている。猫を愛撫(あいぶ)するのは、自分を愛撫すること。だから生まれたばかりの子猫を殺す時、私は自分も殺している。それはつらくてたまらない。
 しかし、子猫を殺さないとすぐに成長して、また子猫を産む。家は猫だらけとなり、えさに困り、近所の台所も荒らす。でも、私は子猫全部を育てることもできない。
 「だったらなぜ避妊手術を施さないのだ」と言うだろう。現代社会でトラブルなく生き物を飼うには、避妊手術が必要だという考え方は、もっともだと思う。
 しかし、私にはできない。陰のうと子宮は、新たな命を生みだす源だ。それを断つことは、その生き物の持つ生命力、生きる意欲を断つことにもつながる。もし私が、他人から不妊手術をされたらどうだろう。経済力や能力に欠如しているからと言われ、納得するかもしれない。それでも、魂の底で「私は絶対に嫌だ」と絶叫するだろう。
 もうひとつ、避妊手術には、高等な生物が、下等な生物の性を管理するという考え方がある。ナチスドイツは「同性愛者は劣っている」とみなして断種手術を行った。日本でもかつてハンセン病患者がその対象だった。
 他者による断種、不妊手術の強制を当然とみなす態度は、人による人への断種、不妊手術へと通じる。ペットに避妊手術を施して「これこそ正義」と、晴れ晴れした顔をしている人に私は疑問を呈する。
 エッセーは、タヒチでも誤解されて伝わっている。ポリネシア政府が告発する姿勢を見せているが、虐待にあたるか精査してほしい。事実関係を知らないままの告発なら、言論弾圧になる。

 論理が破綻している。
 これでも作家なのか?
 ペットに避妊手術をしたからと、誰も「」だなどといっていないだろう。
 それは人間社会とペットが共存するための、やむなき選択なのだ。誰も好きこのんでしているわけではない。

 それにしても、ペットの去勢とナチスやハンセン病事例を同列に語るとは……。
 次元がまったく違う話だ。
 氏は「生まれたばかりの子猫を殺す時、私は自分も殺している」という。
 だったら、自殺すればいい。
 それですべてが終わりじゃないか。
 自分が死ぬのは嫌だから猫を殺す、という屁理屈のどこに正当性があるのだ?
 彼女の論理でいけば、自分は死にたくないが人は殺す、ということにも一理あることになる。

 「虐待にあたるか精査してほしい」というが、猫を故意に殺したことが虐待なんだよ。
 そんな単純なことがわからないのだろうか?

LINEで送る
Pocket
Share on LinkedIn