盲点を突かれた記事。
 そーかー、と納得。

テレビが報じない節電対策。節電にはエアコンを切るよりテレビを切った方が1.69倍効果的 | デジタルマガジン

 日本全国でエアコンの温度を上げたり電気をこまめに消したりといった節電が行われていますが、じつはテレビが報じない家庭でできる最強の節電対策があります。

 それは、テレビを消すこと。

 株式会社野村総合研究所が4月15日に発表した『家庭における節電対策の推進』によると、テレビを消した方がエアコンを消すよりも1.69倍も節電に効果があることが分かっています。

 消費電力的にはこれは妥当な数字だと思うが、エアコンはつけっぱなしということはあっても、テレビはつけっぱなしというのは、あまりないかも……。
 ま、少なくとも、昼間の電力消費ピーク時にはテレビはいらんな(^_^)
 ついでに、昼間は放送を休止してもよい。もともと視聴率の低い時間だろう。勤め人だったらテレビなんて見てないから、なくても困らん。テレビ局も節電を報道するだけじゃなくて、自ら電波を止めるくらいの覚悟は持って欲しい気がする。
 テレビを消して、家族と過ごそう、読書しよう、運動しよう、勉強しよう、ショッピングに行こう……という行動の転換の方が健康的で経済的にもいいかもしれないね。

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア