iPhone対Androidについて、こうした論法は新聞社の古い体質、ものの考え方の表れのようだ。
 Appleはシェアを独占しようとはしていない。
 ビジネスモデルとして、自社が優位になるようにしているだけだ。
 Louis Vuittonがバッグ業界でシェアを独占しているか? 希少価値があるから、高価でも買う人がいる。実用的なことを考えれば、ディスカウトショップで売ってるもので間に合う。
 Appleにしかないもの。
 ブランドとはそういうものだ。

iPhone対Android搭載端末 勝つのはどっち? : COME ON ギモン:その他 : Biz活 : ジョブサーチ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 スマートフォン(高機能携帯電話)の代表格が、米アップル社のiPhone(アイフォーン)と、Android(アンドロイド)搭載端末です。両者の競争は激化していますが、どちらが優位なのでしょうか。

 両者の違いは、単純に言えばOSの差です。 に搭載される「iOS」は、アップル社製パソコン用OSの携帯版。マルチタッチパネルや加速度センサーなどを採用し、斬新な操作感でブームを巻き起こしました。「App Store」から自由にアプリ(ソフト)を入手できますが、ダウンロード数は、7月初めに150億本を突破しました。

 一方の「アンドロイド」は、米グーグル社が開発したもので、誰にでも無償で提供されています。そのため、端末メーカーがこぞって採用しました。

 この構図、かつてパソコンの世界で、米マイクロソフト社とアップル社がOSの開発・販売競争を繰り広げていたのとよく似ています。

 この時もアップル社は自社製OS+ハードウエアにこだわり、世界的なシェアではウィンドウズ陣営の後塵を拝しました。パソコンの世界ではウィンドウズの牙城を切り崩せなかったアップル社が、スマートフォン市場でも同様の手法にこだわっているのが興味深いですね。

 iOSが先行し、アンドロイド搭載端末が追う構図ですが、国内シェアでは、2010年度、アンドロイド搭載端末の出荷台数が、初めてiPhoneを超えました(57.4%対37.8%)。

 では、最後に勝つのはどちらか。iPhone独特のデザイン、操作感、アプリの豊富さはいまだ優勢ですが、日本国内ではソフトバンク独占なので、キャリアーを乗り換えなければならない人もいるでしょう。

 一方、アンドロイド搭載端末は、主要3キャリアーが提供しているので、機種やサービスの比較ができるのがメリットです。

 ・ネットの世界は、「誰でも使っている方に流れる」のが基本。数の優位が絶対的と考えると、今後はアンドロイド搭載端末の優勢が続きそうです。

以下のように、書き換えよう。

 文字メディアの代表格が、新聞や書籍などの紙媒体を中心とした古いメディアと、ネットで展開されるSNSや電子書籍といった新しいメディアです。新旧両者の競争は激化していますが、どちらが優位なのでしょうか。

 両者の違いは、単純に言えば情報を載せる媒体の差です。読売新聞などの新聞は、紙に印刷する古くからの媒体。各戸に配達される独自の流通システムによって、全国を網羅し、新聞に書かれていることは正しいといった権威を築き上げてきました。発行部数が権威を裏付けしていましたが、若者の活字離れや、押し紙の疑惑もあり、最近では新聞を読まなくなった人も増えています。

 一方のSNSや電子書籍は、ネットの一般化にともない急速に普及し、多くのユーザーが利用しています。パソコンや携帯端末があれば、誰でもどこでも利用できることから、新たなビジネスとして既存の出版社も参入する動きとなっています。

 この構図、かつてパソコンの世界で、米マイクロソフト社とアップル社がOSの開発・販売競争を繰り広げていたのとよく似ています。

 この時、アップル社は自社製OS+ハードウエアにこだわり、世界的なシェアではウィンドウズ陣営の後塵を拝しました。新聞・出版の世界では、旧来からのビジネス手法に束縛され、電子化のビジネスモデルを確立できずにいます。iPadという黒船がやってきて、あわてて対応に乗り出している始末です。シェアを奪われてしまうのは、時間の問題かもしれません。

 電子書籍ではAppleやAmazonが先行し、既存の新聞・出版社・流通が追う構図ですが、海外では電子出版が紙出版を上回るようになってきました。

 では、最後に勝つのはどちらか。
 紙媒体の手軽さ、電源がいらない利便性、ビジネスモデルとしてはいまだ優勢ですが、これは日本国内でのガラパゴス的市場が優位に働いているためです。電子出版では端末が必要であること、購入できるコンテンツに制約があることで、やや不利な状況です。

 現代のデジタル・ネットの世界は、「誰でも使っている方に流れる」のが基本。数の優位が絶対的と考えると、今後は携帯端末を中心とした電子書籍の流れが優勢になっていきそうです。

LINEで送る
Pocket
Share on LinkedIn