前にもちらっと触れたが、人工光合成に関する、もう少し詳しい記事。

二酸化炭素からブドウ糖も取り出せる? 「人工光合成」実現の可能性|DIGITAL DIME デジタルダイム|ダイム発!トレンドスキルを磨くデイリー情報

 いずれにせよ、今回の研究により、光合成のメカニズムの解明へのアプローチができ、光合成を人類が実用的に利用するための道を開いたことになる。

 もしも、この構造と同じような触媒や水素分子やメタノールを作り出す触媒を人工的に生成して「人工光合成」を実現することができれば、太陽の光エネルギーを「超効率的」に取り出して発電したり、二酸化炭素からブドウ糖などを作り出すことが可能になるだろう。「人工光合成はまだはるかに高い山の上の技術ですが、ぜひ到達したいと思います」(神谷教授)

●ダイムの読み
光合成で作り出される電子の電気エネルギーを効率的に取り出すことができれば、太陽光線からクリーンなエネルギーをほぼ無限に高効率で得ることができる。さらに、人工光合成が実現できれば、エネルギー問題や環境問題、食料問題など、人類が直面する様々な問題を地球規模で一気に解決することができるはずだ。

 こういう革新的な研究を、国家プロジェクトにして推進するといいんだけどね。
 原発に何兆円もつぎ込むより、はるかに有意義。
 これが実用レベルになったら、社会のパラダイムシフトになる。
 日本から世界を変える……ということも夢物語ではない。
 もっとも、利権が絡むのが常なので、一筋縄ではいかないだろうが。原発や電力業界も利権が足かせになっているために、大転換ができない。
 政治家の先生方は、誰の首をすげかえるとかいう低次元の闘争をしていないで、もっと未来を見て、未来を作って欲しいと思う。

LINEで送る
Pocket
Share on LinkedIn