SF映画としては、もはや古典だが、歴史的な傑作「猿の惑星」
 それが新作として登場する。

猿の惑星:38年ぶり、伝説の起源が解明 最新作「創世記」猿の最新ビジュアル公開 – MANTANWEB(まんたんウェブ)

 猿が人間を支配するという革新的な設定と特殊メークで大ヒットした伝説的SF映画「猿の惑星」の“起源”を明らかにする最新作の邦題が「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」に決定し、3日、猿の最新ビジュアルが公開された。

 「猿の惑星」は、高度な知能を持った猿が文明を築き、人間を支配する惑星を描いたSF映画で、1968年公開された。その後の猿と人間との覇権争いを描いた続編が73年までに計5作が作られ、、差別や核戦争、反戦運動など当時の世相への風刺をこめた作風や精巧な猿の特殊メーク技術が注目された。テレビドラマやアニメ化もされ、01年にはティム・バートン監督がリメークしている。


Rise Of The Planet Of The Apes – Teaser Site

 これは、ちょっと楽しみだ。
 今さら感がなきにしもあらずだが、最初の「猿の惑星」のインパクトは、強烈だった。
 根底にあるのは、文明批判、知性とはなにか?、種と種の衝突……といった、SFが得意とするテーマの本質だ。
 最新テクノロジーで蘇る、猿の惑星を見てみたい。

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア