現在使っているカメラは、 EOS 60D。
 週末には撮りまくっている(^_^)
 予算的な問題もあって60Dにしたのだが、APS-Cでは限界があるのも必然。
 マクロ撮影ではそれほど目立たないが、広角域の風景や夜景では、細部のディテールや解像度、ノイズの多少で、フルサイズとは差が出てしまう。
 次はフルサイズを……とは思っているが、まず先立つものが……(^^;)

 よく言われることがある。
「なにごとも努力しだい」
「ハングリー精神で……」
「頑張れば報われる」
 ……等々。
 もっともなことではあるのだが、いくら努力してもダメなことはあるし、ハングリー精神といいつつも、本当に食うものもない飢餓状態では生きていけない。
 励ましの言葉としてはいいかもしれないが、現実はそんなに甘くない。

「努力していい写真(作品)を撮りたい」
 とは思っているが、カメラがないと写真は撮れないし、カメラを買うにはそれなりにお金が必要だ。
 才能とか努力も必要なのだが、その前に「」である。
 コンデジでは、どうあがいてもデジ一眼の画質にはかなわない。なにを撮るか、という問題はあるものの、同じものを同じように撮ってもカメラの性能(表現力)の差は、埋めようがない。
 才能や努力以前の問題なのだ。
 逆に、いいカメラを持っているからと、いい作品が撮れるわけでもない。
 両者は両立して初めて、成果を生む。

 いずれはフルサイズのカメラを手に入れたい。
 EOS 5D Mark IIが、手の届きそうなところにあるが、今すぐは無理(^^;)
 比較的安い方だが、それでも20万くらいはする。買うためには、節約して、貯金しないといけない。家計はそんなに余裕があるわけではないからだ。
 フルサイズのカメラより、もっと憧れなのが……

PENTAX 645Dだ。

 もう、ほとんど「夢」に近い(^_^)
 ボディだけで73万円くらいする。
 貧乏人には、高嶺の花だ。
 と、PENTAX 645Dについての記事。

「PENTAX 645D」がベスト プロフェッショナル デジタル一眼レフカメラ受賞 | 家電 | マイコミジャーナル

PENTAXイメージング・システム事業部は、レンズ交換式中判デジタル一眼レフカメラ「PENTAX 645D」(2010年6月発売)が、”TIPA ベスト プロフェッショナル デジタル一眼レフカメラ 2011″に選ばれたことを発表した。

 メーカーのサンプル画像や、他の人が撮った作品を見ると、その高精細な画質にほれぼれする。
 これに比べると、35mmフルサイズもかなわない。
 ボディに加えて、レンズを数本……なんていったら、数百万かかってしまう。
 もはや次元の違う世界だ。

 カメラでどの程度の「」が可能かで、どういう写真が撮れるか?……という違いが出てくる。
 言い換えれば「努力」の幅が広がり、挑戦する領域が広がるということだ。
 「世の中、金しだい」などとは言いたくないが、お金があって、初めて可能となる「夢」もある。

 いつか、PENTAX 645Dを買えるようなときが、来るといいのだが……
 稼げるように、努力はするけどね。
 ただの「夢」に終わってしまうかも……
 現実は、ときに残酷で、厳しい。

LINEで送る
Pocket
Share on LinkedIn