久しぶりにサッカーの話題。
日本が、FIFAランキング13位に浮上したという。

日本はFIFAランキング13位に浮上…南米選手権で同組のアルゼンチンは5位 – サッカーキング|世界のサッカー情報サイト

 13日、(国際サッカー連盟)は最新のFIFAランキングを発表した。

日本は3月にフレンドリーマッチを2試合開催する予定だったが、東日本大震災の影響により中止。優勝した1月のアジアカップから国際Aマッチを行っていない。しかし、前回の15位から2つランクを上げて13位となった。アジアにおけるライバルであるオーストラリア(20位)や韓国(31位)を抑えて、アジア最高位をキープしている。

上位陣は1位のスペイン、2位のオランダに変動はなかったものの、ブラジルがドイツを抜いて3位に浮上。また、コパ・アメリカで日本と同グループに入ったアルゼンチンは5位、コロンビアは49位、ボリビアは102位にランクインしている。

まぁ、驚きというか、快挙というか……(^_^)

FIFAランキングは国際試合のポイントによって決められるので、勝ちが多ければ上がるようになっている。
それでも、大陸によるハンデなどもあって、ヨーロッパや南米の方が有利になっている。
にもかかわらず13位というのは、健闘といってもいいだろう。

FIFAランキングが「強さ」の客観的な尺度ではないことは、いうまでもない。これはあくまでもポイントの結果に過ぎない。
FIFAランキングについての考察は、過去にしているのでそちらも参考に。

FIFAランキングについての考察(みたいなもの)
FIFAランキングについての考察(その2)
FIFAランキングの偏差値(2008/07)

現在のザック・ジャパンは「負ける気がしない
強くなったともいえるが、負けない戦い方ができるようになった……ということのような気がする。

それにしても、13位と聞いて「ええ~~」と意外に思う人が多いのは、「日本は弱い」という固定観念ができているからかもしれない。
弱いというより「強くない」ということか。
ある種の劣等感だろう。
驕(おご)りに陥ってはいけないが、自信を持つことはいいと思う。

南米選手権に、海外組主体で参加する方向で調整しているようだが、ぜひとも参加して、試合を見せてほしい。
Jリーグが主力選手を出さないと反発しているようだが、そんなこといわずに(^^;)
Jリーグあっての代表チームではあるのだが、代表チームの戦いがサッカー人気を保っているともいえるのではないだろうか?
Jリーグのチーム事情もわかるが、そのへんはなんらかの形でチームが利点となるような対処をすればいいように思う。

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア