猫が乳がんに(>_<)ゞ」のその後。

カフェのガンが転移して、再発していることがわかった。
予想されたことだったが、人間と同様に……というより、人間ほど十分な治療はできないので、再発はさけられなかった。

触診して、お腹にしこりがあるのを見つけて、病院で診てもらったら、やはりガンのしこりだった。
レントゲンにははっきりとは写らなかったが、それがはっきり写るようになったら、もう手術しない方がいいといわれた。
カフェは歳も歳なので、人間でいえばおばぁちゃんである。
あと何年生きるか……
それでも、まだ元気はあるし、食欲も旺盛だ。

やはり、少しでも長生きして欲しい。
それでさっそく手術してもらった。
開腹して、3つのガンを切除したという。
そして、日帰り。
入院するほど弱ってはいなかったのと、入院すると費用もかかってしまうためだ。保険があるわけではないので、全額負担。福沢諭吉が何枚もパタパタと飛んで行ってしまう。

家に帰ってからは、縫合あとが治るまで、ケージで隔離。
手術直後とは思えないほど、モリモリ食べるし、元気もいい。
半年後くらいには、また再発する可能性がある。
それは承知の上だ。
いずれ、カフェも寿命をまっとうするだろう。

だが、それは、まだ、だ。

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア