Bryce 7とVue 8 Infiniteの比較


前述の「Bryce 7」と、もうひとつの景観ソフト「 8 Infinite」のデモ版があったので、サンプルを作って比較してみた。

「Vue 8 Infinite」のデモ版ダウロードサイトはこちら。

まず、 7で簡単にサンプルを作ってみた。
条件は水面があること。

Bryce 7使用サンプル

Bryce 7使用サンプル

Bryce 7使用サンプル

レンダリングは本格的にすると数時間かかってしまうので、地形の解像度はデフォルト、レンダリングはプレビューモードにした。
要は、どういう感じになるか。
この程度でも30分くらいかかった。

Vue 8 Infinite使用のサンプル

Vue 8 Infinite使用のサンプル

Vue 8 Infinite使用のサンプル

こちらも細かい設定はなしで、単純に水面、地形を置いて、テキトウにマッピングしただけ。
レンダリングも、もっとも早い処理。この画像で30分くらいで、Bryceとさほど違わない。
……というか、デモ版なので、機能に制限があり、しかも透かしが入っている(^_^;

まぁ、見たまんまだが、Bryce 7はリアルというよりはやや誇張したアートっぽい仕上がりになる。ただ、設定を細かく変えることで、よりディテールを作り込むことはできる。
とはいえ、基本的にアートっぽい表現になるのが、Bryceの特徴ではある。

Vue 8 Infiniteの方は、細かいことは設定しなくても、わりとリアルな表現だ。
特に水面の表現が素晴らしい。
正規版は89,500円(直販サイト価格)と、値段もけっこうする。それ相応ということだね。

使い勝手としては、Bryce 7の方が慣れていることもあって、直感的で使いやすい。ただし、地形の解像度を高くすると、処理に時間を要する。
一方、Vue 8 Infiniteは、基本画面は4分割で3面図を配置する、3Dソフトではお馴染みのインターフェースになっている。
慣れの問題ではあるが、アイコンやメニューが多くて、どれがどれやらわかりにくいのが難点。

仕上がりに関しては、リアルさではVue 8 Infiniteの方が一枚上手かな。
正規版では、海面の波のコントロールもできるようなので、機能的にも充実しているようだ。

ちょっと価格が高いが、買うなら、Vue 8 Infiniteだね。

Vue 8 Infinite
Vue 8 Infinite
クチコミを見る

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア