前にも疑問符をつけた連載記事なのだが……
 揚げ足を取るわけではないが、「科学で分析する~」となっているからには、科学的に緻密に検証して欲しい……という観点から。

離婚するとき──男の理由、女の理由:日経ウーマンオンライン【科学で分析する 男と女の付き合い学】

 身体の解剖学的な特徴を見ても、ヒトが完全な乱婚であったことがあるとは考えにくいのです。乱婚の動物はオスとメスの差が大きい。例えば、乱婚のチンパンジーやニホンザルではオスの方がメスよりずっと体重が重いです。メスの獲得をめぐってオス同士が争わなければならないからです。約19万年前に現れた現生人類(ホモ・サピエンス)の男女差はそんなに大きくない。これは、一夫一妻的な傾向が強くなったことの表れだと考えられます。

 オスとメスの個体差の違いが、「一夫一妻」の科学的根拠のひとつ……とするには無理がある。
 理由はほかにも考えられるからだ。

 ヒトとチンパンジーでは、そもそも成体の体格が大きく違う。ヒトの方が倍くらい大きい。ベースが大きくなっているから、オスとメスで体格が違いすぎると、かえって不都合だろう。
 また、妊娠期間が……

 ヒト………………270日
 チンパンジー……210日

 と、ヒトの方が約2ヵ月長く、出産時の新生児の体重が……

 ヒト………………平均2800g
 チンパンジー……平均1500g

 と、この時点で約1.9倍と2倍近い。
 ということは、長い期間を胎内で成長させ、大きな子を出産するためには、大きな体が必要だという理屈にもなる。オスとメスは受精した段階でランダムに決定されるから、オス用とかメス用の子宮を作るのは効率的ではない。共用できる方が都合がいい。大きな子を産むには大きな体、というのは必然だろう。
 成体の体重については……

 ヒト
  ・男 171.8/66.5kg
  ・女 158.3cm/50.9kg
   (平成16年の20代の平均身長と平均体重)

 チンパンジー
  ・オス 34~70kg→平均体重43kg
  ・メス 26~50kg→平均体重33kg

 というデータがあったが、

 ヒトは、女に対して男は、130.6%
 チンパンジーは、メスに対してオスは、130.3%

 と、ほとんど差異は変わらないのだ。
 つまり……

「乱婚の動物はオスとメスの差が大きい」という著者の理屈は成立しない。

 科学は、データの積み重ねだ。
 そのデータの多くは、数値化できるものである。数値化ができない分野もあるが、多数の標本(サンプル)を比較することで、ある基準を設定したときに、どういう傾向を示すかは、統計的に数値化できる。

 上記の記事には、ほかにも疑問符をつけたいところがあるが、それは時間があったら(^_^)。

LINEで送る
Pocket
Share on LinkedIn