昨晩、寝ていて足がつった……

激痛だった!
ここ数年で、一番ひどかったと思うくらいに(>_<)ゞ

 もともと、よく足がつる。
 多くは寝ているときだが、前兆がある。
 足(膝よりも下)に違和感が起こり、「つりそう」という筋肉が緊張した状態を感じる。
 それ以上悪くならないように、筋肉の緊張をほぐそうとする。
 足の位置を変えたり、屈伸したり、手で違和感のあるところを揉んだりする。
 うまくいった場合には、最悪の事態にならずに、「つる寸前」で止められることもある。

 だが、昨晩は止められなかった。
 最初、右足の足首に違和感を感じた。
 痛みは足首から、足の甲におよび……「まずい」と思った。
 痛みが増幅しそうな気配があったからだ。
 筋肉痛などをやわらげる塗り薬があり、それを塗ろうと布団から出て起き上がった。

 それが事態を悪化させる原因になってしまった。

 立ち上がったとたん……
 今度は、逆の左足に激痛が走った!

うがっ!

 痛みをこらえる……
 姿勢を変えることで、痛みのやわらぐポイントがある。筋肉にかかる負荷を軽減させる姿勢だ。
 それはいつも同じではなく、どこがつったかで姿勢の取り方が変わる。

 だが、軽減ポイントが見つからない……
 痛みはさらに増幅する……

「あ゛あぁぁぐあ゛ーーーー!!」

 私はたまらず呻いた。
 堪えられない激痛だ。
 起きていた妻が、心配して駆け寄ってくる。

「んがぁぁぁーーう゛ぅぅーーー!!」

 立っていられなくなって、廊下に倒れ込んでしまった。
 激痛で息をするのもつらい。
 なんとか痛みのやわらぐ姿勢を探そうとするが、ぜんぜんだめだ。
 身動きすらできなくなってしまった。

 死にそうに痛いというのは、こういうことだ。
 筋肉が切れてしまうかと思った。
 いや、実際に筋繊維はズタズタにきれているはずだ。

 15分? 30分?
 時間はわからないが、長い時間、のたうちまわっていた。
 やがて、徐々に痛みが治まっていった。
 左足は動かせなくなっていた。
 こんなに痛い足のつりは、久しぶりだ。

 動けるようになって、布団にうつぶせになり、妻につった足を揉んでもらった。
 ひとまず、落ち着いたが、今朝は歩くのも難儀するくらい、筋肉痛になっていた。
 足がつって、肉離れになってしまったようだ。
 ……と、足がつることについて調べていたら、以下のサイトに行き着いた。

足がつる、こむらがえり、ふくらはぎの痛みの原因と対処方法

足がつる、こむら返りが起きた時に応急処置をしないと、ふくらはぎの痛みが出て、肉離れ(筋挫傷)を起こす場合もあります。

 今週は仕事が忙しく、帰りが遅くなっていた。
 疲れがたまると、よく足がつる。
 昨晩はふくらはぎだったが、臑(すね)、足首、足の甲、足の指、土踏まずなど、膝より下の各所の筋肉がつる。
 特に痛いのは臑だ。
 臑は筋肉が薄いためか、ここがつると強烈に痛い。
 しかも、臑の場合には、痛みを軽減する姿勢がないのだ。筋肉をほぐそうにも、薄くて骨に当たってしまうから、揉みようがない。

 ミネラル不足、特にマグネシウム不足か……
 いろいろとサプリは飲んでいるが、マグネシウムは飲んでないな。
 というわけで、カルシウムとマグネシウムが入ったサプリを注文してしまった(^_^;

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア