本日は、サッカー日本代表のバーレーン戦。
 試合開始時間には帰宅できないが、急いで帰れば後半は見られる計算。いちおう、HDDレコーダーで録画予約しているけどね。
 今晩の試合は、いろんな意味で分岐点だろう。
 はたして、どんな試合になるのか……

 と、スポーツ記事を読んでいて、思わず「ぷっ」と吹き出してしまった(^_^;

俊輔 本田に“ゲームメーク禁止令”(サッカー) - スポニチ Sponichi Annex ニュース

3日でW杯開幕まで、ちょうど100日。2人のレフティーを配置する新布陣が機能すれば、果てしなく遠いW杯4強の夢も少しは近づいてくる。

 下線は私がつけた。

そう、果てしなく遠い……

 誰もが思っていることを、きっぱりと書かれてしまうと、がっかりを通り越して笑ってしまう。
 いや、ジョークであってはならないのだ。
 笑ってはいけないのだ。

 だが……

 悲しいかな、期待感は限りなくゼロに近い。
 最大限のマイナスに振れてしまった期待感を裏切る、ウルトラ・サプライズが起これば、感激は数倍、数十倍かもしれない。
 そんな演出が待っているだろうか?

 それでもW杯は楽しみにしている。
 自国が勝ち上がることが最大の喜びではあるが、世界の強豪が対戦するサッカーが見られるだけでも楽しみなのだ。
 日本は、負けてもいいから点を取ってくれ。1点も取れずに負けるのだけは勘弁して欲しいと思う。
 そんな謙虚な思いで応援することになりそうだ。

 前日のインタビュー記事から……

スポーツナビ | サッカー|日本代表|バーレーン戦前日 岡田監督、中澤会見(1/2)

ーーこれまでの代表は前線に速い選手を並べていたが、昨日の練習では森本、平山がそこのポジションでプレーしていた。彼らの強さや高さを生かすことをイメージしているのか

 誤解を受けているようなんですが、速い選手を並べようと思って並べていたわけではなくて、全体の組み合わせの中で日本が攻守にわたって機能するのに、この選手がいいだろうという判断をしていましたし、高いから平山を呼んだわけでも、強いから森本を呼んだわけでもなくて、そういう得点感覚というものがチームに機能するだろうということで、今までも呼んでいます。特別僕は今回、変わったことをしたという意識は持っていません

 下線は私がつけた。
 う~む……
 選手の特性を活かすのは常套手段だと思うのだけど?
 意識してない、というのが問題のような気がする。
 戦う相手によってどういう戦い方をするかというのが、選手起用の選択肢にもなるわけだから、先発がいつも同じなんてことは不自然だよね。
 常勝チームだったら、勝てるメンバーとして固定するのはわからないでもないが、そうではないのだから起用法は戦術にもなるだろう。
 選手が期待通りに機能するとは限らないが、戦い方の意図として誰をどこに使うか、というのはあると思うのだが……。
 今晩の先発はどうなることやら。
 そのメンバー次第でも、期待感は大きく違ってくる。

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア