冥王星のカラー画像が初めて公開された。
 そのニュース。

冥王星 赤や黄などまだら模様に NASAが画像公開(毎日新聞) – Yahoo!ニュース

 米航空宇宙局(NASA)は4日、ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた冥王星の画像を公開した。冥王星は太陽から平均約59億キロも離れ、姿は謎に包まれてきた。赤や黄などまだら模様になっている様子が判明し、大規模な気候変動を反映している可能性を示す成果という。

画像は02~03年に撮影したデータをコンピューターで処理して得られた。

 冥王星は、太陽を248年かけて公転しているため、場所によっては同じ季節が120年続き、表面の変動は小さいと考えられてきた。研究チームは「大気中にメタンが豊富で、水素が太陽風ではぎ取られ、炭素が豊富な領域が赤くなった」と推測している。

 冥王星はかつて惑星とされていたが、06年に国際天文学連合が大きさから惑星の仲間からはずした。NASAは15年に接近する無人探査機「ニューホライズンズ」で解析を進める。

 大きな画像は、以下のNASAのサイトにある。

NASA – New Hubble Maps of Pluto Show Surface Changes

 で、この画像を使って、その変化がわかるようにFlashムービーにしてみたのが、以下。



 ニューホライズンズが冥王星に到着するのが、2015年か。
 あと5年。
 今まで、ぼんやりとしか見えなかった冥王星の、鮮明な画像が見られるのは、かなりインパクトがありそうで楽しみ。

LINEで送る
Pocket
Share on LinkedIn