Logic Studioで楽曲作り【13】音圧がカギ(おすすめプラグイン~その1)


Logic Studioでの楽曲作りも、本格化しつつある(^_^)
機能が豊富になったLogic Studioだが、それでも足りないもの、もうひと味欲しいもの……というのが出てきた。

そのひとつが、音圧だ。

単純にボリュームを上げれば、音は大きくなるのだが、それだと限度があって、大きくしすぎると音が割れる。
割れる寸前でバウンス(ミックスダウン)して、iTunesで聴くと……

もの足りない(T_T)

通常の音楽CDと聞き比べると、再生ボリュームが同じでも、出てくる音のパワーというか迫力というか深みがぜんぜん違う。
なんかショボイのだ。
これは、マスタリングが不十分だからだ。
その中でも音圧が、決定的に不足している。

音圧とはなにか?

というと、音が作る空間……音像……が、どれだけ密度が濃いか? メリハリがあるか? というようなこと。
それは「風船」に例えるとわかりやすい。

■風船に空気を入れて膨らませる。
■風船には許容量があるから、空気をどんどん入れていけば、やがて限界を超えると破裂する。

風船が曲全体の「音像」で、中に入れる空気が各トラックの音量だ。
空気をたくさん入れれば、風船は膨らみ、大きくなって、圧力も弾力も増す。しかし、入れられる空気の量には限界があるため、ある限界以上には入らない。入れすぎると破裂する……つまり、音が割れる。

MAXに膨らんだ風船は、それなりに大きく形にはなっているものの、「軽い
マスタリングが不十分なサウンドは、この状態だ。

この風船を、破裂しない許容範囲内の大きさで、重く、迫力のあるものにしたい。
それをするにはどうするか?
空気ではなく「水」を入れるのだ。
空気よりも密度のある水なら、同じ体積の風船でも、重さはズシッと重くなる。

音でそれをやるのが、音圧を上げることである。
Logic Studioに内蔵されているcompressorやlimiterでも、ある程度可能ではある。だが、どうしても限界があるようで、イメージする音像にならない。Logic Studio上でモニターした音と、バウンスした音とで、雲泥の差がある。
バウンスする場合は、ノーマライズ機能が働いて、音量が0dbを超えないようにするため、音圧が全体として下がる。これは音が割れるクリッピングを抑制するためのもの。

また、単純にcompressorでレベルを上げても、なんか全体として「しっくりこない」感じがする。
迫力、メリハリ、深み、広がりなどのバランスが悪くなってしまう。ひらたくいえば「しょぼい」のだ。
これをiPodに転送すれば、MP3に変換・圧縮されて、さらに音がそぎ落とされるので、ますますしょぼくなる。

いろいろと調べて、音圧をバランスよく上げる方法を試していて辿り着いたのが……
以下のプラグインを使う方法。

●Compressorのプラグイン
SV-315 Mk2 Compressor

SV-315 Mk2 Compressor

SV-315 Mk2 Compressor

●Limiterのプラグイン
Oxford Limiter

Oxford Limiter

Oxford Limiter

●Masteringのプラグイン
Ozone

Ozone

Ozone

それぞれにデモ版があるので、試してみて「これだ!」と、即購入(^_^)
compressorプラグインの「SV-315 Mk2 Compressor」は、Logic Studio内蔵のものより断然いい!

さらに、Masteringプラグインの「Ozone」は、曲全体に迫力、深み、メリハリ、広がりを一気に高めてくれる優れもの! たくさんのプリセットがあるので、好みの音をチョイスするだけで十分な効果を発揮する。
これらを使ってマスタリングして、バウンスしたら……

もう、メッチャ良くなった(^_^)

ここまでサウンドが変わるとは思わなかった。
これならプロのマスタリングしたCDと比べても遜色がなくなる。

たまたま比較対象にしていたのが、つい最近買った、エドガイの「ティニタス・サンクタス」だった。
ティニタス・サンクタス(初回限定盤)
ティニタス・サンクタス(初回限定盤)
クチコミを見る

エドガイの、パンチがある重厚なサウンドに近づけたいと思っていた。ちなみに、このアルバムはなかなかいい。こちらもオススメ。
いい音になった自分の楽曲を聴いていると……

気持ちいい!(^_^)
音では負けてないぞっ

……と思ったよ。
マスタリングは重要だな……と再確認したしだい。

ちなみに、上記のプラグインは日本の代理店で販売しているものもあるが、直接本家のサイトからダウンロード購入した方が安い。円高ドル安だしね。

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア