サッカーくじBIGで起きたビッグバン現象


2,500,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000分の1

2,500,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000分の1

一部ニュースでも報じられていたが、サッカーくじのBIGで起きた、奇妙すぎる偶然の一致についての分析記事が出ていた。

これ、じつはとてつもなくスゴイ事件なのかもしれない(^_^)

BIGなおとり「宝くじはランダム」は本当か?:日経ビジネスオンライン

 圧倒的な情報の非対称性を利用した「おとり商法」が世の中に蔓延している。特集の第1弾として、ネット上の一部で最近話題になっているサッカーくじ「BIG」を取り上げる。 2月15日、ツイッターにある画像がアップされ、大きな波紋を呼んだ。つぶやきの主は2月12日、ネット上で5口分のBIGを購入。翌13日、新たに10口分を購入したところ、この10口分のうち最初の5口分が、前日に購入した5口分と完全に一致したのだ。

(中略)

BIGの当選確率は約480万分の1。それに対し、別々に購入した5口分が完全に一致する確率は約25「溝」分の1だ。「溝(こう)」とは兆(ちょう)、京(けい)、垓(がい)、杼(じょ)、穣(じょう)の次の単位で、10の32乗を示す単位。25の後ろに0が32個並ぶ天文学的な確率と言える。読みにくいのを承知の上で表示すると、「2,500,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000分の1」となる。

ちなみに宇宙誕生の初期プロセスであるビッグバンが起こる確率は、0が24個並ぶ約1杼分の1と言われており、理論上、宇宙誕生よりも稀な現象が我が国ニッポンで起きたことになる。

ビッグバンの発生確率より希な現象が、BIGのくじで起きたってのがスゴイ。
それって、奇跡を超える奇跡なわけで、超奇跡、超の32乗奇跡、起こりえない奇跡、魔法を超越した奇跡……なんといえばいいのか、とてつもなくあり得ないことが起こったんだ。

これは人類史上、もっとも起こりえない奇跡なのだがら、もっと大々的に取り上げてもいいニュースだ。

もしかしたら、新たな宇宙が誕生しているのかもしれないぞ!(^_^)

我々は、新宇宙誕生の瞬間に立ち会っているんだ。
これが一大事件というレベルを、はるかに超えた宇宙の神秘ではないか!
なぜ、世間は、これが些細なニュースとしてスルーしているんだ????

1等が当たる確率よりも、はるかに確率が低いことが起きたわけだから、このくじを買った人には1兆円くらいあげてもいいのではないか?
そのくらいあり得ないことが起きてしまったんだ。

BIGのシステムをバラして、電子顕微鏡レベルで精査した方がいい。誕生した宇宙が潜んでいるかもしれない。おそらく、生成された宇宙は、原子より小さいサイズだと思われるため、見つけるのは困難だろう。時間軸が違うだろうから、成長の速度は予測できないが、現在、爆発的なスピードで膨張しているはずだ。

その宇宙がやがて目視できるようなレベルまで膨張したら、我々の宇宙を呑み込んでしまうほど膨張する可能性もありうる。
なにしろ、BIGの中で、そのありえない奇跡が起きているのだ。
どんなことだって、不可能ではなくなった。

CERNで人工ブラックホールを作るという実験が提唱されたりしているが、それよりもスゴイことをBIGのシステムがやってのけた。
ブラックホールどころか、宇宙を作ってしまったんだ!
BIGでビッグバンを起こすなんて、シャレがシャレになってないぜ。

記事中で、今回の現象の原因について、専門家は……

 「たとえ1兆回くじを発行したとしても、今回のような長いパターンが2度続けて出る可能性はほとんどない。確率的にありえない現象で、ランダム発生システムの不具合、ないしは元々の仕様がお粗末だったと言わざるをえない」

(中略)

「設計上の問題である可能性が極めて高い以上、運営側は問題を解明、公表すべきだ。ましてや宝くじは公益性が高いサービス。少なくとも『再発しないよう対策を行った』という発表はあってしかるべき。『仕組みからありえる』という説明だけではあまりにも不誠実だ」。専門家はこう憤る。

と、断じている。

さらに……

 ランダムを謳っておきながら、到底そうとは思えない奇跡的な組み合わせが出現した今回のBIG騒動。理論上の当選確率で比べると、BIGは1億円 以上が当たる高額宝くじの中では「最も当たりやすい」と言われており、それが消費者の購買意欲を煽ってきた面があったのも事実だ。

事業者と消費者との間にある圧倒的な「情報の非対称性」を利用した商法をおとりと定義するならば、どうやってくじの組み合わせを選んでいるか分からないブラックボックスを盾に、「偶然起きた現象」との抗弁を続けるBIGをそう断じても問題はないだろう。

と、手厳しい。
表現はおだやかで、やや回りくどいが、ようするに「インチキなシステム」といってるようなもの。
ただし、システム上の不具合があればという前提。

だが、もしシステムは完璧で、完璧にランダムであったなら、宇宙が誕生している可能性は否定できなくなる。
こっちの方が大問題だぞ(^_^)

 

LINEで送る
Pocket
Share on LinkedIn