血液型による性格判断とか占いのたぐいは、根拠の乏しい古い概念に基づいているのだが、日本ではなぜか、いまだに市民権をもっている。血液型を必要以上に気にしているのは、日本だけだそうだ。
 たかが4つのタイプに分類できるのなら、こんなに簡単なことはない。
 とはいえ、血液型で話題が盛り上がることは少なくない。

 ちなみに、私はO型で、妻はB型。
 B型は、なにかと話題になる血液型でもある。
 日本人の血液型の割合は、A型:O型:B型:AB型 → 4:3:2:1だという。少ないことで注目されるならAB型だが、なぜかB型。
 B型の性格記述が特徴的だからだろうが、そもそも曖昧な表現なので、血液型を問わずに当てはまる人は多いはずなのだが。

 ……と、血液型と猫を関連づけている記事があった。

【コラム】ちょっとダメ系? 恋するB型男子 (31) マイペースなB型男子の態度を改めさせる裏技 | ライフ | マイコミジャーナル

先日、『猫の気持ち』という本を読んで、なるほどなぁと思った一文があった。

「猫がなつく人間とは”猫をあまり好きじゃない人間”のことです」

(中略)

「猫って、もしかして僕と同じB型なんじゃないか?」

確かにB型たる僕も猫と同じようなところがある。気まぐれでマイペース、自己中心的でわがまま。以前、同じB型の妹と二人暮らしをしたことがあったが、共同生活というより一つのマンションに二つのテナントが入っているような感じだった。

(中略)

おまけに、そのとき本物の猫まで飼っていたため、猫が三匹いるのとたいして変わらなかった。

 血液型性格判断には賛同しないのだが、この記事には共感する(^_^)
 妻の性格が猫的だからだ。
 適度にかまってあげないと甘えてくるし、かといって好き勝手にさせていると、とんでもないことをしでかす(^_^;
 目が離せないということでも、猫と同じなのだ。

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア