女性にとってブラジャーは、重要であると同時に悩ましい問題でもあるようだ。
 ある意味、ブラは拘束具でもある。
 実用的な意味だけではなく、社会的な風習として欠かせないものになっている。日本では近代になって普及したが、ブラが窮屈だと思っている女性が多いにもかかわらず、必須のアイテムになっている。
 「楽」なブラを求める女性は多いという記事が以下。

【27】「ブラトップ」と「ノーブラ」:日経ビジネスオンライン

乳首隠し、、UVカット――女たちの舞台裏

 とはいえ、日本人女性にとって「女性は乳首の形を出してはいけない」という価値観はなかなか強固なものです。

 ブラトップによって「たまにはちゃんとしたブラじゃなくてもいいんだ」と思えるようになっても、そこから進んで「完全にノーブラになって、乳首を浮き出させてもいい」とはならないのです。

 関連した記事を、もう2つ。

欧米の女の子はなぜ“胸ポチッ”を気にしないの? | R25

なるほど、逆にヨーロッパ人女性は体型に合った洋服を着るわけだから、ブラをあまり必要とせず。結果的に乳首のポチッが見えることに抵抗感が少ないというわけだ。

J-CASTニュース : ノーブラ女性が増殖中 ブラトップは「チョー楽ちん」

一方、「Yahoo!知恵袋」には、

78の私はSサイズで、結構ぴったりです。でもグラマーさんには、キツそう」

という意見もあり、まだ誰でも使えるアイテムとは言えなそうだ。

 “胸ポチッ”のことを気にする女性は多いかもしれないが、暑い季節になってヘソ出しを気にする女性は少ないようだ。
 ヘソ出しくらいはまだいいが、最近は「尻出し」もよく見かける(^_^;
 PANTSの股上が極端に浅い(短い)と、座ったときにお尻側が引っ張られて下がる。その座り方が、地べたにしゃがんだ場合(いわゆる、うんこ座り)、PANTSがさらに下がり、お尻が露出してしまう(^_^)
 当人は気がついているのかどうか……わからないが、お尻を見せていても気にならないらしい。
 “胸ポチッ”は気にするのに、「尻出し」は気にしないという、変な羞恥心である。

 前述の記事にある「ブラトップ」は、標準的なバストサイズの人でないと、着られないね。
 うちの彼女はFカップだったりするので、対象外だろう(^_^)
 そういえば、いわゆる「巨乳」というのも、20年前とはずいぶん違ってきた。
 かつては、スリーサイズのバストが何センチ、という表現をしていたが、最近はブラのカップサイズになった。
 バストのサイズは、トップのサイズのことだが、これだけだと体格が大きかったり、太っていればサイズは大きくなるから、乳房の大きさには直結しない。
 カップサイズは、トップとアンダーの差を表しているから、より実態に近い表現だ。
 それでも、20年くらい前はDカップやEカップでも巨乳といわれた。それが今では、F~Iカップまで広がっている。
 大きければいいというわけではないが、注目はされる。

 Fカップの彼女は、ブラはもとより着る服にも苦労している。
 売れ筋の商品は、巨乳を前提としていないので、サイズそのものがなかったり、サイズで選ぶとデザインが限定されてしまう。
 上着の場合には、肩幅で合わせると胸回りが窮屈になるので、数サイズ大きめのものでないと着られないという。
 また、肩凝りの原因にもなる。
 Fカップの場合、その体積から試算すると、片方で約700g、両方で1.4Kgにもなる。それをブラで吊っているわけだから、肩に負担がかかってしまう。
 大きいゆえの悩みというのは、標準サイズの女性にはない悩みだろうし、まして男にはわからない。

 とはいえ、たいていの男は巨乳好き。
 Fカップは……もちろん好きだ(^_^)

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア