製品レビュー:日立マクセル、iPod専用ノイズキャンセリングヘッドフォン「HP-NC20.IP」


 最近購入した製品レビュー。

マクセル iPod専用 ノイズキャンセリングヘッドホン HP-NC20.IPマクセル iPod専用 ノイズキャンセリングヘッドホン HP-NC20.IP
販売元:日立マクセル
おすすめ度:2.0
クチコミを見る

 ノイズキャンセリングヘッドフォンは使い始めると、普通のヘッドフォンが使えなくなる。電車での騒音が耳についてしまうからだ。
 ただ、電源を別に必要とする機種が大部分であるため、iPodとは別に電池が必要になるのが不便だ。

 いままで使っていたのは、「audio-technica ATH-ANC3 BK」だった。
 これはこれで、そこそこ気に入ってはいたのだが、音的に高音域が耳に刺さるのが不満ではあった。ボーカルでいうと、「さ行」が刺さるような音で、薄っぺらいのだ。
 ノイズの消音効果は良くて、音楽を聴かなくても、電車内の騒音を消してくれるのはありがたかった。特に、飛行機内での消音効果は抜群だった。飛行機内ではジェットエンジンの音が低い周波数で響いているが、それはいつも不快だったのだ。

 その前に使っていたのが、デノンの「AH-C700」で、ノイズキャンセリング機能はないが、音としてはこちらの方がバランスが取れていて好みだった。密閉性は高いものの、やはり低周波域の騒音は気になるため、せっかくのいい音も電車に乗っていると台無しになってしまう。
 AH-C700は密閉性が高いのはいいのだが、自分の体内の音(咳払いとか顎や首を動かすときの音など)が響くのが気になった。ピッチリと耳栓をしたときに、内耳に響く体内音のあれである。

 ATH-ANC3とAH-C700は、一長一短だった。
 そこに登場したのが、「HP-NC20.IP」
 電源をiPodから供給するので、別電池が必要ない。
 HP-NC20.IPについてのレビュー記事は、以下を参照するといい(広告記事だが)。
iPodの快適さをさらに高めるノイズキャンセルヘッドフォン「HP-NC20.IP」 – ITmedia +D LifeStyle

iPodで気軽に、軽快に利用できるノイズキャンセリングヘッドフォン――ありそうでなかった製品として登場したのが日立マクセルの「HP-NC20.IP」だ。

 実際に使ってみて、上記のレビューに書かれていないことを補足する。

 音は、私好みである。
 中低音域がしっかりしていて、ロック系の音楽を聴く私には、十分な迫力だ。音的には、「AH-C700」といい勝負である。
 高音域もあまり出しゃばらず、シンバルの音もそれなりに鳴る。「ATH-ANC3」では、薄っぺらい紙のような音だったのだ。

 だが、不満な点もある。
【1】ボリュームをドックコネクタ部分のスライダで調整するのだが、通常聴く程度の音量が、スライダの4分の1くらいのところになり、微調整が取りづらい。MAXのボリュームにすることなど皆無なのだから、小さめの音量の方に重点をおいて欲しい。小さな音量にすると、左右のバランスが崩れてしまうので、バランスが崩れないギリギリのところまでの音量で固定するのが難しいのだ。

【2】ときどき音が出なくなることがある。
 これは初期不良なのかどうか不明だが、コネクタを差し直してもボリュームをいじっても音が出なくなる。
 いろいろと試していると、iPod Touch上でプレイレスト画面に戻り、別のプレイリストで再生すると、音が鳴り始めることがわかった。
 つまり、再生を再開する以前の状態では、音楽を止めたところで画面も止まっているわけだが、その状態から再生を始めると、画面上の再生表示は再開されているものの(秒数がカウントしていることでわかる)、音は出てこないのだ。
 ドックコネクタで接続するヘッドフォンが他にはないことから、この機種特有の現象なのかどうかはわからない。
 ともあれ、音が出なくなったら、一度プレイリスト一覧まで戻って、別のプレイリストを再生すると、音が鳴り始める。
 最初、なぜ鳴らないのかの原因がわからず、いろいろといじくっていたら突然鳴りだして、その復活の過程を再現するのに、手間取ってしまった。
 ヘッドフォン側の問題なのか、iPod Touch側の問題なのか……?
 相性の問題なのかもしれない。

 とりあえず、音が出ないときの対処法はわかったが、これは面倒だしストレスになる。
 音は気に入っているだけに、大きなマイナスポイントだ。

【3】イヤーピースに耳垢がつきやすいこと。
 素材の問題だと思うが、細かな耳垢がつきやすく、落ちにくい。
 それまで使っていたインナーイヤーヘッドフォンでは、耳垢がつきやすいという状況になったことがなかったので、これはかなり気になる。綿棒などを使って、掃除する必要がある。

【4】コードが硬く、癖が抜けないので扱いにくい。
 パッケージに入っているときは、コードは折りたたまれているが、その癖がなかなか抜けず、いつまでたってもクネクネと曲がったままだ。癖がついてしまっているから、絡みやすくなっていて、これまた困る。

 音がいいこと、電源が別にいらないこと、ノイズキャンセリング機能もそこそこいい……のだが、いかんせん不満要素も多い。
 使い続けるどうか、悩みどころである。
 

▼文中に登場した他の製品。
 AH-C700は、扱っているところが少ないようなので、近い機種として。
DENON インナーイヤーステレオヘッドホン AH-C551(K)DENON インナーイヤーステレオヘッドホン AH-C551(K)
販売元:デノン
発売日:2007-09-21
おすすめ度:5.0
クチコミを見る

audio-technica アクティブキャンセリングヘッドホン ATH-ANC3 WHaudio-technica アクティブキャンセリングヘッドホン ATH-ANC3 WH
販売元:オーディオテクニカ
発売日:2008-02-22
おすすめ度:4.0
クチコミを見る

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア