好きな「色」は性格や趣向を表すという。
 私が一番好きな色は「黄色」、次いで「青」
 色は単色で使うことはなく、何色かと組み合わせることが多い。着るものや部屋のコーディネートなどでも、1色しかないということはない。
 黄色と青は補色関係にある。じつは私は補色関係の組み合わせの色が好きだったりする。黄色のシャツにブルーのジーンズという具合に。

 そんな色に関する記事。
Business Media 誠:キャッシュカードはどんな色?--色から分かるあなたの性格

 男性ではビッグスカイ(ブルー系)とミッドナイト(ブラック系)を選ぶ人がそれぞれ20%強で1、2位を占めている。理想を求める男性と現実を見る男性が世の中に同じぐらい存在するということかもしれない。

 また、ピンクは「女性らしさを表す」(名取氏)ということで女性からの人気が高い。女性の1位、2位にはピンク系の「ベビーフェイス」と「チェリーブロッサム」がランクインしている。しかし、年代が上がるにつれ、ピンクを選ぶ割合は減っている。

 色で性格判断……というのが、当たっているのかどうかはともかく、着ている服の色でその人の性格をなんとなく想像することは少なくない。

 色彩で心理分析ができるサイトがあった。
トゥルーカラーズ・カラーセラピー診断「色彩心理 性格分析テスト」
 やってみたが、当たらずも遠からずであった。
 うちの妻も黄色が好きなので、うちには黄色のものが多い。携帯電話も黄色にしたいところだが、黄色のカラーがある機種は少ない。

 季節によっても色の傾向は変わる。
 夏だと明るい色を着ている人も多くなるが、冬になると暗い色ばかりになる。私は冬でも黄色を始めとした明るい色の服装なので、周りが黒っぽい色ばかりになる冬だと、やけに目立ってしまう(^_^;
 明るい色を身に着けている方が、気分的にも明るくなれるような気がする。冬は、多くの人が暗い気分になっているのかもしれないが。
 という、私のパソコンのデスクトップも「黄色」である(^_^)

LINEで送る
Pocket
Share on LinkedIn