ネットは悪い面ばかりが強調されるが、良い面だってたくさんある。
 ……ということを証明した、素晴らしい記事だ。
犯行予告収集サイト「予告.in」公開 「0億円、2時間で作った」 – ITmedia News

 矢野さんは11日夜、「増田寛也総務相が来年度予算の概算要求に、ネット上の犯行予告を検知できるソフトの開発費を盛り込む。費用は数億円かかる」という内容の報道を見て、「インターネットの仕組みを使えば、0億円で数時間でできる」と考え、実際に1人で2時間で作ったという。

 なんて素晴らしいんだ!
 個人のパワーだってこれだけのことができてしまう。
 政府がなにかをやるには、時間と金と人手がかかりすぎる。ボランティアのひとつだが、政府にしろ公的機関にしろ、もっと良識ある人々の知恵と力を信じてもいいのではないだろうか?
 政府は矢野氏の作ったものを活用して、より精度を高めていけばいい。そして、矢野氏に数億円でなくても妥当な利用料を払えば、即日運用できるではないか。

 民営化だけが「民」を活用することではない。
 民の中には、国民、市民も含めるべきだろう。

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア