猫のナナちゃん、永眠…享年14歳


うちの猫のナナちゃんが亡くなった。

享年14歳。

人間に換算すれば、86歳に相当する。
猫の年齢換算表

長生きしたが、もう少し、生きて欲しかった。
今年になって、老いが顕著になってきていた。
視力が著しく低下していたようで、ものがよく見えていないことが行動からわかった。

人間は老いると、見た目も老人になるが、猫は老いても子猫のような容貌を残す。

ナナちゃんは、特に子猫っぽい猫だった。

▼最後の写真となった、2015年2月11日撮影。

ナナちゃん、永眠…2015年9月1日

ナナちゃん、永眠…2015年9月1日

ここは数日、急激に状態が悪化した。
体温は低くく、食べなくなり、動きが少なく、目はほとんど見えていないようだった。

あと、数日の命……

その日が、近づいていることは、私も妻も悟った。

ナナちゃんは、うちに7番目に来たから「ナナ」と名付けられた。
子猫のときのナナちゃんの様子は、このブログを始める以前に、日記CGIで記していた。

猫のミーちゃんとナナちゃん成長日記

小さかったナナちゃんを思い出して、目が潤む。
ナナちゃんは、病気らしい病気もしなくて、健康優良児だった。
だから、もっと長生きして、うちの猫たちの中で一番長生きだったBチャンの18歳を越えて欲しかった。

しかし……

最後の日はあっけなく来てしまった。

先に天国に行ってる、先輩猫たちによろしくいってくれ。
おまえたちが、天国の庭で駆けずり回っている様子が目に浮かぶ。
ナナちゃんと出会えて、幸せだったよ。
ありがとう……

バイバイ、ナナちゃん。

バイバイ……

バイバイ……

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア