土星の衛星のエンケラドスで、水の存在はかねてより指摘されていたが、その液体状の水が内部に存在できることの原因がわかってきた。
 それは生命が発生しうる可能性にもつながっている。
asahi.com: 土星の衛星エンケラドスに生命誕生のもと? NASA – サイエンス

 米航空宇宙局(NASA)は12日、土星の衛星エンケラドス(直径約500キロ)の内部は放射性同位元素の核崩壊などで今も高温に保たれ、地球で生命誕生のもとになった有機物をつくり続けている可能性がある、と発表した。

 探査機カッシーニの観測によると、エンケラドスの南極付近からは氷の粒子が火山の爆発のように噴出。その中に気体の窒素のほか、メタン、二酸化炭素、プロパンなどの炭素を含む化合物が見つかった。

 NASAジェット推進研究所のデニス・マトソン博士は「われわれの仮説に従えば、衛星の地下深くでは生命誕生のカギとなるすべての物質がそろっていることになる」としている。

 と、これは朝日新聞の記事。
 一方、読売新聞では、
土星の衛星・エンセラダスに生命存在か…NASA : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 【ワシントン=増満浩志】米航空宇宙局(NASA)は12日、水の存在が確認されている土星の衛星エンセラダスについて、「内部に放射性物質があり、これが熱を発し続けている」との見解を発表した。

 これにより、地下に熱水が存在する可能性が高まり、NASA研究チームの研究者は「生命に適した場所が存在する証拠をつかんだことになるのではないか」としている。

 エンセラダスの表面は氷点下約200度だが、地球の南極にあたる部分で火山のように水蒸気が噴出しているのが、米探査機カッシーニによるこれまでの観測で昨年確認されている。その後の分析で、水蒸気に窒素ガスが混じっていることが新たに判明。この窒素ガスは、アンモニアが熱分解したものとみられることから、外部の研究者も加わったNASAの研究チームは「地中に高温高圧の場所があり、熱水の中で有機物が豊富に合成されたはずだ」と結論づけた。

 アンモニアの熱分解にはかなりの高温が必要なことから、この熱源について研究チームは、〈1〉放射性のアルミニウムと鉄が700万年余で急速に崩壊し、衛星内部が熱くなった〈2〉その余熱とともに、他の放射性物質の緩やかな崩壊が今も続いている――とみている。
(2007年3月13日11時52分 読売新聞)

 と、なっている。

 ここで「エンケラドス」と「エンセラダス」の表記がなぜ違うのか?……という疑問がわく。
 エンケラドスは、ギリシア神話に登場する巨人族のギガスたち(ギガンテス)の一人で、綴りは「Enkelados」
 これを英語では「Enceladus」と綴るため、読みは「エンセラダス」になる。
 ちなみに、日本語での表記は「エンケラドス」が一般的。英語表記することはあまりない。
 星には、神話由来の名前が多く登場するため、原典となるギリシア神話やローマ神話等の読みに習うことが多い。とはいえ、これも統一されたものではなく、英語読みするものも少なくない。
 たとえば、木星のジュピター。
 ローマ神話の気象現象を司る神のことだが、原典の読みは「ユピテル」であり、ジュピターは英語読み。

 日本語表記は統一してほしいものだ。まったく違うもののように見えてしまう。

 読み方はともかく、短い記事なのに、二つを並べてみて、相互に足りない部分を補っているというのは、毎度のこと。
 科学記事の難しいところかもしれない。

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア