カール成長日記「年下三姉弟」


年末年始の休みに入った。
休みの日に、いろいろとやりたいことはあるが、たいていはあまり何もできずに終わってしまう(^^;)
書きかけの小説でも書きたいところだが……

とりあえず、うちの新入り「カール」のその後など。
来たときから、物怖じしない性格の猫だったが、今では部屋中を暴走。
年上猫たちにも、果敢に挑戦するのだった。
誰とでも仲良くなれる性格のようで、特に最近家族となった、年下三姉弟(グミ ♀、ジジ ♂、カール ♂)とは寝るのも一緒。

そのようすが、コレ。

グミ+ジジ+カール

グミ+ジジ+カール

(クリックすると拡大)

小さな猫ベッドに、ぎゅう詰め状態で寝ている。
温かいのだろうし、こうしてくっつきあっているのが好きなようだ。
カールの本当の姉弟たちは、捨てられたときにこうして寄り添って寝ていたという。団子になって寝るのが好きなのだろう。

一つ上のジジは、相変わらず人間には警戒心が強く、まだ撫でたり抱っこしたりができない。おびえて逃げてしまうのだ。また、まだ去勢もできないでいるので、そろそろ年齢的に子供を作ることが可能になっている。うちには避妊手術をしていない♀のタマコがいるのだ。
そんなわけで、ジジは現在もケージ暮らし。

抱っこできないということでは、グミも同じ。
この子は、人慣れはしてきたので、ケージの外に出ていることも多いのだが、引っ掻き癖は直っていないので、不用意に手を出すと穴を開けられる。
今日も引っかかれてしまった(^^;)。
抱っこしてあげたいのに……。

と、そんなこんなで、カールは健やかに成長している。

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア