昨晩のアジア最終予選のヨルダン戦。

 勝てなかった。

 W杯出場が決まらなかったことよりも、勝てなかったこと、負けたことが残念だった。
 常勝チームというわけではないし、負けることも少なくない日本代表だが、それでも負け試合は見たくない。
 後半から、テレビの前に座って見ていることができず、立ったまま緊張と興奮を抑えきれずに見ていた。
 見ている方でもこの精神状態なのだがら、ピッチ上の選手はもっと極限状態だったのだろう。
 それを象徴していたのが、遠藤選手のPK失敗だ。

 あの遠藤がPKをハズした。

 代名詞でもあるコロコロPKではなかった。
 いつもの冷静さのある彼なら、あざ笑うかのようにコロコロPKを決めていたのではないか?
 それをするだけの冷静さや余裕がなかったように思える。

 運もなかった。

 調子のいいときは入っているだろうシュートが、ことごとく入らなかった。
 むしろ、相手のゴールキーパーを称えるべきかもしれない。ほとんど神セーブだ。川島が絶好調のときに見せる神セーブを、相手がやっていた。
 これは、運がなかったというしかない。

 勝つときがあれば負けるときもある。
 スポーツ各紙では、敗因を分析したりしているが、誰がどうこうではなかろう。
 昨晩は勝つ日ではなかったのだ。

 誰かのセリフだったと思うが……

『強い者が勝つのではない。勝った者が強いのだ』

 昨晩はヨルダンが強かった。運もヨルダンに味方した。
 それだけのことだ。

 試合が終わっても、眠れなかった。
 負けてガックリきたことで、気分がスッキリしなかったからだ。
 ようやく眠ったのは朝の5時頃。
 寝不足……

 次の代表戦は6月。
 今度は、スッキリさせてくれ。
 勝つ試合を見たいのだ。

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア