すべては螺旋の中に


 1日、1週間、1カ月、1年……という暦上のサイクルは、地球の自転・公転によるサイクルに基づいている。
 毎年の誕生日が来ると、人は1つ歳を重ねる。
 「例年」あるいは「毎年」というとき、過去の同じ日がまた巡ってきたように解釈する。
 暦上は毎年が同じように巡っているのだが、今日と去年の今日とでは地球は同じところにいない。
 地球は太陽の周りを回っているだけでなく、太陽は銀河系の中を回っている。その軌道を視覚化した動画が素晴らしい。



 この動きは「螺旋」だ。
 もっといえば、銀河系は銀河団の中を移動していて、銀河団はさらに大きな銀河団の流れの中にあり、さらに宇宙全体は膨張を加速している。
 私たちは、知らない間に膨大な距離を移動しているのだ。

 SF的な物語に、タイムトラベルがある。
 時間を過去、あるいは未来にジャンプするというのは、時間だけでなくその間に移動した空間的な距離も移動しないと、ある時間のある場所には辿り着かない。
 そこまで厳密なタイムトラベルを描いた作品は少ない。

 映像作品で有名なのは……
タイム・マシン 特別版 [DVD]
タイム・マシン 特別版 [DVD] [DVD]

Back to the Future: 1, 2 & 3 [Blu-ray] [Import]
Back to the Future: 1, 2 & 3 [Blu-ray] [Import] [Blu-ray]

時をかける少女 [Blu-ray]
時をかける少女 [Blu-ray] [Blu-ray]

 ……といったものがあるが、いずれも空間的な移動は考慮されていない。
 科学的に考察すれば、時間移動だけであれば、マーティ・マクフライが乗った改造デロリアンは、時間を超えたら宇宙空間に放り出されているはずなんだ。
 アニメ版「時をかける少女」の真琴は、「うりゃ~」とタイムリープしたら宇宙空間に飛び出して窒息死してしまう。
 私たちは、「空間を動いていない」と錯覚している。

 前述の動画の中で、「螺旋」が自然界の基本だという示唆がある。
 ミクロの世界から宇宙的なマクロの世界まで、すべては螺旋を描く。人生も、ある意味、紆余曲折の螺旋だ。

 今、こうしている瞬間も、私たちの住む地球は、太陽とともに、銀系とともに、猛烈なスピードで宇宙空間を爆走している。
 信じられないような本当の話。
 宇宙は……壮大だなー……と思ってみたりしながら、今晩の晩飯はなにを作ろうかと考える(笑)。

LINEで送る
Pocket
Share on LinkedIn