温暖化と言えば、石油の燃焼が一番の原因とされているが、近代的な農業でも問題のようだ。
Yahoo!ニュース – 読売新聞 – 温室効果、窒素肥料も原因…南極の雪氷内大気を解析

 一酸化二窒素(N2O)という温室効果ガスの大気中濃度が1950年代から急増しており、その主な発生源は窒素肥料が散布された農耕地であることが、南極などの雪氷内に閉じこめられた過去の大気の解析で明らかになった。

 海洋研究開発機構・地球環境フロンティア研究センターなどによる分析結果で、人口増に伴う農耕地の拡大のほか、化学合成された窒素肥料の普及と過剰散布も背景にあると考えられるという。

 N2Oの温室効果は、二酸化炭素の約300倍。大気中ですべて分解されるには120年かかり、京都議定書でも削減対象になっている。

 同研究センターの石島健太郎研究員らは、南極観測隊がドームふじ基地などで採取した雪氷内の大気を、グリーンランドの雪氷内の大気などと併せて解析した。その結果、N2O濃度は1952年に290ppb(ppbは10億分の1)だったが、2001年には316ppbまで上昇していた。

 盲点だったようだ。
 まさか肥料が原因の一つになるとは。
 結局、人間の活動そのものが、多かれ少なかれ原因になるということだね。
 農業だから自然に優しい……とはいえなくなった。

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア